水戸市医師会

会長挨拶

水戸市医師会第21代会長 細田 弥太郎

 水戸市医師会のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。令和4年7月の総会にて第21代水戸市医師会長に就任いたしました細田弥太郎でございます。
 水戸市医師会は一般社団法人であり、その運営は会員の会費等で行われています。約400名の会員により構成され、16名の役員を組織し、19委員会を設置しています。
 本会は、中核市となりました水戸市と共に市民の皆様の健康づくりを推進すべく「健やかな子どもたちを育む医療環境」、「病気の予防と早期発見、安心して医療を受けられる体制」、「充実した介護を受けながら住み慣れたまちで幸せに暮らすことが出来る支援」を目的とし、下記の事業を展開しております。

1 予防接種事業
2 休日夜間緊急診療所の運営と救急医療の体制強化
3 学校保健事業
4 特定健診・がん検診事業
5 災害発生・感染症等流行時における医療体制づくり
6 看護専門学院の運営
7 産業保健事業
8 訪問看護ステーション・介護保険センターの運営
9 在宅医療・介護連携支援センターの運営
10 文化・教育・スポーツ事業への協力
11 学術講演会の開催

 令和2年、わが国で初めて確認された新型コロナウイルス感染症は、依然として予断を許さない状況が続いています。現在も多くの医療機関で、通常の診療体制の維持に務めながら発熱患者さんへの対応(診察・検査・治療)を継続しております。市民の皆様におかれましても、新たな生活様式・行動指針が共有され始めており、感染症対策も整い始めました。これからの明るい未来を信じ、安心して過ごせるよう地域医療の充実に努めて参りますので、医師会活動のご理解・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

メニュー

水戸市民の皆様へ

会員の先生方へ