水戸市医師会

水戸市医師会の歴史


 水戸市医師会の創設は歴史上、法制の改革によって4回の創設をみることができる。明治26年10月14日に大日本医会地方部組織協議会の席上「水戸医会」を結成、10名の会員をもって活動を開始した(初回創設)。明治39年医師法、医師会規則が内務省で制定され、翌40年水戸市医師会創立許可申請書を県知事宛に提出、8月12日より発会した(2回目の創設)。大正8年の医師会令公布、医療法の一部改正に伴い新水戸市医師会に改組され、その設立総会は11月に開かれる(3回目の創設)。戦中体制下の昭和17年には、国民医療法、医師会令公布により水戸市医師会は解散し茨城県医師会水戸支部となり、戦後昭和21年水戸医友会倶楽部として発足後、翌年の昭和22年には社団法人茨城県水戸市医師会の設立許可申請を県に提出、9月25日に会員数107名で設立総会を開いている(4回目の創立)。

西 暦 和 暦 行 事 内 容
1958 昭和33年 北関東県都四市医師会親善野球大会開催(宇都宮にて)
1973 昭和48年 水戸市休日緊急診療所設置
1979 昭和54年 水戸市休日夜間緊急診療所設置
1981 昭和56年 肝疾患調査(医療従事者を対象)
1984 昭和59年 成人病施設検診実施(県下初)
1987 昭和62年 水戸市保健センター内へ水戸市休日夜間緊急診療所移転
1989 平成元年 水戸済生会病院内に医師会病棟(開放型病棟:50床)を設置
水戸市医師会史第2巻発刊
1990 平成2年 市民スポーツ相談開始、医療機関マップ作成
1991 平成3年 水戸市医師会看護専門学院開校
水戸市医師会史第1巻発刊
1992 平成4年 水戸市医師会創立100周年記念事業
1993 平成5年 水戸市医師会老人訪問看護ステーション「みと」設置
(県下初の医師会立)
水戸地域産業保健センター事業開始
日本医師会最高優功賞受賞
1995 平成7年 水戸市医師会在宅介護支援センター「みと」設置
(全国初の医師会立)
茨城賞受賞
医療機関マップ改訂
1996 平成8年 水戸市医師会ホームページ作成 開設
1999 平成11年 水戸市医師会介護保険センター「みと」事業開始
2001 平成13年 基幹型在宅介護支援センター「あかつか」開設
水戸市医師会訪問看護ステーション「あかつか」開設
水戸市医師会介護保険センター「あかつか」開設
水戸市医師会史第3巻発刊
医療機関マップ改訂
2002 平成14年 小児科平日夜間緊急診療所設置
2003 平成15年 救急災害医療対応開始
2006 平成18年 会館移転
こころの健康セミナー開催
保健文化賞受賞

メニュー

水戸市民の皆様へ

会員の先生方へ