水戸市医師会

水戸市医師会より災害発生時のお願い

水戸市医師会災害・救急委員会

大地震や大規模交通災害などで多数の傷病者発生の場合、水戸市医師会は市民のみなさまの生命、健康を守るため以下のような活動を行います。
 水戸市医師会は災害発生時、水戸市災害対策本部よりの出動要請により直ちに医師会内に医療対策本部を設置いたします。水戸市医師会長を本部長として、その指示の基に救護班が出動いたします。救護班は水戸市内を4つの班に分け、その地区の医師会員より編成されております。東班は城東、浜田、大野、稲荷、吉田、吉沢、酒門、大場地区を受け持っております。中央班は三の丸、五軒、柳川、新荘地区を受け持っております。南班は千波、緑岡、笠原、寿、見川、赤塚、河和田、梅ヶ丘地区を受け持っております。西班は常磐、堀原、渡里、国田、飯富、石川、双葉台、上中妻、山根、内原地区を受け持っております。
  みなさまがたのお近くの開業医が救護隊として水戸市医師会内に常備している災害用救急医薬品・資材を持って水戸市が災害現場に設置した救護所に駆けつけ、活動をいたします。その活動内容は2つ、傷病者のトリアージと応急処置ならびに軽症者の治療です。
  トリアージとはフランス語で 選別という意味ですが、災害現場では傷病者の重傷度判定、病院への搬送順位の決定をすることです。この作業は、より生命の危険のある傷病者から優先的に病院へ搬送するため、重傷(赤)、中等症(黄)、軽傷(緑)に分類してその色のタッグをつけます。その際、市民のみなさまがたにご理解、ご協力お願いしたいことがあります。災害現場は非常に混乱した状態になります。この中で、被害に遭遇された方は関係者はパニックに陥っていることと思われます。是非、ご自分が重症あるいは軽症と思われても、冷静にトリアージ担当医の重傷度判定に従って頂くことをお願いいたします。トリアージ担当医は現場では極めて短時間に絶対的権限で治療の優先順位を決定します。重症(赤色タッグ)の方より、順番に救急車で病院に搬送いたします。原則として、医師会救護班は現場では中等症以上の傷病者の応急処置は行いますが治療は致しませんのでこの点もご理解よろしくお願いいたします。
  救急搬送以外の傷病者の方は、他の交通機関を利用して病院あるいは診療所を受診して下さい。しかし、大病院は重傷者の治療を主に行いますので、外傷の程度が比較的軽い場合は診療所への受診をお願い致します。これは、より重傷者が高度の医療機関で治療を受ける機会を損なわないための言わば社会的譲り合い精神ですのでご協力頂ければ幸いです。
  軽症者の方は、外傷の内容により現場に設置される医師会等の救護所で治療を受けることもできます。しかし、十分な治療ができない場合や投薬はできませんので、後に医療機関の受診が必要なことがあります。

H21年度 水戸市防災訓練風景(H21.7.25)
トリアージを行う細田先生
機動隊に指示を出す松前先生

メニュー

水戸市民の皆様へ

会員の先生方へ